日本品質をASEANへ
ソーシャルメディアが訪日外国人&海外進出をマーケティングする
無料で相談する

200兆円を超える世界
中国のEC市場に参入する

世界のEC市場は群雄割拠時代に突入しています。世界最大のリアル小売業Wal-Mart Stores, Inc.(米国)にアリババグループ(中国)が追いついた。 世界のEC市場の40%を占める中国勢の攻勢はとまらない。 中国のEC市場攻略のキーワードは、SNS(ソーシャルメディア) 微博(Weibo)、微信(Wechat)、+Baidu.この3つの巨大メディアを攻略すること。 中国マーケティングは常に性悪説を前提に、口コミ文化を理解し、SNSコミュニティを形成します。 リスクをとって中国本土に現地法人を作るのではなく、日本にいながらにして現地の消費者に購入頂く、越境ECを実現します。

中国越境EC,訪日観光客を攻略する中国最大の3つのメディア

WEIBO

個人アカウント登録数5.8億人 月間アクティブ数2.8億人を突破したアリババが出資する 情報拡散を得意とするソーシャルメディア。 サンプリング、微博公式 アカウント運用Feed広告で、認知度のない商品から爆品(売れる) 商品へ

WeChat

テンセント が運用する、メッセンジャー機能と、ソーシャルネット ワーキング機能を融合するソーシャルメディア。月間アクティブ数は 6億人強。1対1を得意とする中国版LINE・Wechat内広告出稿(公式アカウント広告、タイムライン広告)を使い、ユーザーにとって タイムリーな情報を提供します。

Baidu

中国版のgoogle。競合のキーワードに合わせ自社のサイトを表示させる 市場シェアを取るためのリスティグ広告戦略。検索連動型のため キーワードを絞り、的確にユーザーに情報を届けます。

無料で相談する

中国最大級のアリペイオムニチャネル(O2O)
マーケティングが遂に日本に上陸

Alipay 対面決済&マーケティング

Alipay(アリペイ)という言葉は中国人には通じません。中国語で「チーフーバァオ」といいます。 アリペイとは中国のスマホ決済の70%を占める中国最大の決済システムですが、実はアリペイの強さは、決済システムだけでなく中国本土の約76兆円の顧客データベースを活用した、オムニチャネルマーケティングが可能となります。ツアー会社が団体旅行客をバスでお店に誘導するようにビッグデータの活用により、日本のインバウンド店、観光施設への中国人の送客が可能です。

  • ✓ 中国年間小売の6分の1(約76兆円)の決済を担当
  • ✓ 2014年米国で上場し25兆円を調達したアリババグループの決済業務を担当
    ※Alipayは現在Ant Financial社傘下のサービスであり、アリババグループとの資本関係はありません
  • ✓ 決済処理数はVisaを超える世界最大級の決済サービスプロバイダー
  • ✓ 総会員数8億人(対面決済可能4.5億人)
  • ✓ 2014年決済トランザクション数約2億回/日を記録
  • ✓ ネットショッピング決済の代名詞から対面決済も対応、中国で急速に普及
  • 中国人観光客を送客するために無料で相談する

    タオバオバイヤーのBtoB仕入サイト EBuy

    全世界のECプレーヤーの中で圧倒的なシェアを誇る中国アリババグループ、売上高35兆円。世界のNo1 ECプレーヤーはアリババグループCtoC(consumer to consumer)市場のタオバオ。No2は同アリババグループBtoC(business to consumer)市場の天猫。 2017年中国ECマーケット取扱高においては、日本の商品が4兆8,000億円を超え、中国での消費額ではアメリカを抜いて日本が1位に躍り出た。しかし、今後は中国では一帯一路構想にもつながるドイツ勢の商品を積極的に担ぎ、中国消費者の中ではドイツ商品のシェアが高まっている。 日本の企業は未だに、中国戦略を間違えている。全世界の企業で中国で成功を収めている企業は以下のステップ(一部例外を除く)を踏んでいます。中国ECマーケットの参入順序は以下のとおり。

    【成功】タオバオ(CtoC)→天猫(BtoC)→自社出展→越境EC
    【失敗】天猫(BtoC)→越境EC(BtoC)→売れない

    日本企業は、中国のタオバオ(CtoC)マーケットに対する誤解があります。CtoCマーケット参入の課題を明確にし解決策を的確に対応すれば、自社商品を日本国内店舗でも爆発的に売れる商品にすることができます。

    詳細はお問合せください

    MOVIE MARKETING

    ソーシャル拡散に最適な多言語動画の制作

    海外のお客様に自社サービスを商品を紹介するには動画が最も有効なツールです。
    中国語、タイ語、英語、日本語。対象顧客に合わせた言語の動画制作が可能です。
    動画制作における費用、品質、納期の顧客満足は99%を越えています。
    顧客属性に合わせた動画を制作し、最適なタイミングと、最適なツールで配信します。
    日本やASEANであればYOUTUBEやfacebook. 中国であればYOUKUやtudou、Iqiyiで動画をUPします。
    現地アカウント開設も可能なため、低コストで確実に対象顧客に情報をお届けします。

    無料で相談する

    アメリカのトップインフルエンサーが動画で御社商品を紹介。 アメリカ本土の消費者へ日本にいながら、商品の販売が可能!

    日本の会社が出資するアメリカのIT企業がローンチした新サービス、ソーシャルECプラットホーム WORVIE!(ワービー) WORVIEとはアメリカ本土で有名インフルエンサーが動画で御社商品を紹介します。本土に進出することなく商品を、アメリカの消費者にお届けすることが可能です。輸出などの手続きや、面倒な書類の手続きも、WORVIEがすべて代行します。ハリウッドテイストで動画を制作し、インフルエンサーが御社商品を紹介します。ソーシャルメディアを活用した、AMAZONと差別化された ECプラットホームです。消費者目線で商品の良さや、使い方を教えてくれる動画は新しい魅力を発見させてくれます。また、実体験に基づいたレビューを重要視しています。

    ①How to's and demonstrarions from top influencers
    ②chat rooms and reviews to talk about the product
    ③real before and after photos
    ④american expansion is possible with worvie

    アメリカのEC市場参入をお考えの企業様の窓口はこちら。

    越境ビジネスを実現します

    海外進出、それは企業として生き残りをかけた大きな挑戦となります。 多種多様な文化、多言語のお客様に対して自社商品を正確に伝えていくためにWEBサービスを組み込みます。 ごくらく株式会社は海外進出、インバウンド消費(訪日外国人)を視野に入れた企業に特化した、 WEBサービスを構築します。

    多言語 動画制作

    海外のお客様に自社サービスや商品を紹介するには動画が最も有効なツールです。 中国語、タイ語英語、日本語等。対象顧客に合わせた言語の動画制作が可能です。 動画制作における費用、品質、納期の顧客満足は99%を越えています。

    海外向け商品開発

    中国最大のSNSメディア企業WEIBOとのアライアンスにより、訪日外国人、中国本土の販売に適した商品の開発を行います。 現地市場調査、デザイン開発プロモーション施策をワンストップで実現します。取扱いジャンルは日用品、化粧品、お酒、宝石等ジャンルを問いません

    メディアプロモーション

    中国最強SNSメディアWEIBOのアカウント運用、Feed広告、KOL(キーオピニオンリーダー)支援。 タイ王国で、化粧品NO1メディアサイトSaroopでのプロモーション展開。海外進出したい国に合わせた最適なPR活動を実現します。

    越境ECサイト構築

    世界で共通したインターネット環境の発展により、海外進出は現地で法人登記し現地でスタッフを確保するという多大なリスクを伴う必要がなくなりました。 海外のお客様が自国にいながらにして日本商品を購入できる、プラットホームを整えれば、日本にいながらにしてネットで商品を販売することが可能です。

    キュレ―ションサイト運用(構築)

    名刺代わりの企業WEBサイトは、対象顧客に閲覧されなくなりました。 キュレ―ションサイトを構築したいが自社のリソースでは毎日記事を書いたり、情報を配信することができない企業様がほとんどです。 キュレ―ションサイトのシステム構築はもちろん、毎日の記事投稿も代行します。1年あれば、月間10万PVが見込める自社メディアサイトを構築できます。

    海外企業とのビジネスマッチング

    中国、ASEANで10,000社以上の現地企業との情報共有により、海外進出に最適なパートナー企業のマッチングを行います。 飲食店の現地進出、本格海外参入前のテストマーケティング、現地法人登記等海外パートナーの選定は、事業の成功のキーワードです。

    PROJECT - WORKS

    制作実績

    COMPANY

    ごくらく株式会社

    〒158-0081 東京都世田谷区深沢六丁目33番21号
    TEL 03-3702-1191

    御茶ノ水 Office【FindJapan内】

    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台1-7-10 YK駿河台ビル6F

    会社概要/COMPANY OVERVIEW
    設立 2013年2月
    資本金 19,000,000円
    代表者 代表取締役 丹羽正也
    事業領域
    経営コンサルティング事業 新規事業計画
    国内・国外における新規チャネル開拓
    商品開発
    WEBコンサルティング事業 Web制作、運用
    動画制作
    ソーシャルネットワークを活用したプロモーション事業
    課題解決における、ASP事業者との連携、代理店事業

    Contact Us

    お問い合せはこちらから。